カラーコンタクトで痛みを感じたら

カラーコンタクトは眼科だけではなく、今やドラッグストアや量販店で気軽に入手できるようになりました。本来、眼科できちんと医師の診断を受け、自分の目がコンタクトレンズに適しているかどうか判断してもらったり、ベースカーブなどを調べてもらうことが原則です。それでももし、着用中に痛みを感じたら…すぐにコンタクトレンズを外します。

よくあるトラブルとして、コンタクトレンズの表裏を間違えて装着している、使用期限が切れたものを装着している、レンズと眼球の間に異物が入っている、などが揚げられます。痛みが治まらないようなら、すぐに眼科へ行きましょう。

 

痛みが出たら眼科を受診

 

カラーコンタクトは、正しく使用しなければ痛みや充血などの目のトラブルを招くことがあります。装用時間を守らず長時間使い続けたり、つけたまま眠ってしまったり、うるおい目薬を使用せず一日中乾燥した状態でいると、目に計り知れない大きな負担がかかります。

痛みを感じる場合は角膜に傷がついている可能性が大きいので、必ず眼科を受診しましょう。放置すると完治するまでの期間が長引いたり、眼科医によるカラーコンタクトの使用中止の指示が出ることもあります。カラーコンタクトは、近視や乱視を矯正するコンタクトレンズよりも慎重に扱う必要があるといえます。

カラーコンタクトによる目の痛み

近年、カラーコンタクトの認知度が高まり、目が大きく見えるや、ファッションで目の色を変えたいとカラーコンタクトを使用する人が増えています。それに伴い増えているのが、目の痛みです。

何故かというと、格安のものやネット通販で購入出来る物の中には作りが粗悪な物もあり、着色料が目の中に付着してしまったり、目に傷がついてしまって痛みが出てしまうのです。痛みが出てから後悔をしても遅いので、カラーコンタクトを使用する際は、きちんと危険性を調べ安易に格安の物を使用せず、きちんと眼科で処方してもらい安全に使用して、楽しみましょう。

 

痛みが出た時の対処方法

 

カラーコンタクトを使用すると痛みを感じることがあります。目にとっては、異物と捉えられるため、1週間程度なれるまでに時間がかかります。1週間経っても改善しない場合には、他に原因があることがあります。
原因としては、レンズの裏表が間違っている、レンズにホコリやキズ、破れがある、不良品などが考えられます。
対処方法としては、レンズを外してキズや破れ、ゴミなどがついていないかをチェックし、異常がなければ洗浄液で洗浄します。それでも改善しない場合には目かレンズに原因があることが考えられるため、レンズを取り替えるか、眼科にて検診を受けることになります。”

装着時の注意点

カラーコンタクト装着時の注意点

最近ではおしゃれの一部としてカラーコンタクトを取り入れる人が増えてきています。

そして、度なしカラーコンタクトは非常に入手しやすく、インターネットやドラッグストアでも手軽に購入できるようになってきました。

しかしこういった手段で購入した際は装着時の注意をあまり読まずに装着する方も多くなってきています。誤った装着方法や自身の目に合っていないものを装着し続け、眼球に傷が入ってしまったりする事も少なくありません。

こういったトラブルを避ける為に、正しい使用方法を守り、少しでも痛みを感じた際にはすぐに外し、眼科専門医へ行く事が大切です。

 

痛みがあるときには使用しないことが大切

 

ファッションアイテムの一つとして、カラーコンタクトを使用している人は少なくありません。使用していると、華やかでおしゃれな雰囲気を醸し出すことができることから、世代や性別を問わずに多くの人に利用されています。

カラーコンタクトを購入するときには、きちんと安全性に配慮して作られた製品を購入することが大切です。

また、使用してみてから、痛みを感じる場合には、使用することを控えることが大切です。痛みを感じたまま使用し続けると、目に悪影響を及ぼすことがあるため、注意が必要です。

カラーコンタクトを初めて使うときには、目の痛みがあるかどうかを確認することが大事です。

カラーコンタクト、痛みを感じた時は・・・

 

オシャレな女性達の間で、カラーコンタクトの人気が高まってます。
元々オシャレを目的として作られたものであり、度ありはもちろん、視力が良い人でも使える度なしも販売されてます。
価格も様々で、驚くほどの激安価格で販売されてる商品もあります。どれを購入するかは個人の自由ですが、安いと粗悪品の可能性もあり、何らかの目のトラブルが生じる場合もあるので注意が必要です。

痛みを感じたら無理につけておかず、すぐに取り外すか、専用の目薬で瞳に潤いを与えます。数日間休憩させるのも、目にとっては優しい方法です。
目を休ませてもなお、痛みが続くようであれば、角膜に傷がついたり何かトラブルが起こってる可能性もあるので、眼科で診察してもらう必要があります。

コンタクトで痛みが現れる

カラーコンタクトをつけていて、装着後すぐに目が痛いときは殆どが、レンズの裏表を逆に装着をしていることです。この場合は、レンズを外して正しく装着されているか確認をすることです。

またレンズにゴミが付着していたり、レンズに傷があった場合も目を刺激しているので目が痛くなります。レンズを洗浄液で洗い、傷や破れていないかを確認し、破れている場合はすぐに病院で購入をすることです。
そして長時間、カラーコンタクトを装着している場合も目に負担がかかって目が痛むので、カラーコンタクトを外して目をゆっくり休ませることです。

カラーコンタクト装着時の痛み

カラーコンタクトは、さまざまな色彩やデザインのものが出回っており、装着するだけで簡単に、目元の印象をおしゃれに変えてくれる、便利なアイテムです。

ただし、場合によっては、目の痛みなどを引き起こす場合もあります。

カラーコンタクト自体が、目にあわない場合もありますし、長時間装着し続けることが原因の場合もあるでしょう。目に痛みを感じたら、カラーコンタクトによって、目の角膜が傷つけられているという可能性もあります。痛みを放っておくと、重大な目の障害を引き起こす危険性もありますので、心配な場合は、眼科医で相談するのがよいでしょう。

痛みを感じたら使用を中止しましょう

 

最近はカラーコンタクトを使用したことによる目のトラブルが急増しているというニュースをよく耳にします。
目にトラブルが起こる原因の1つにカラーコンタクトを装着した時に痛みなどの違和感を感じてもそのまま使い続けているということが挙げられます。
そして痛みを感じる原因はレンズが破損している、汚れが付着している、眼球が傷ついている、8時間以上使い続けている(1日の使用時間は最大8時間が望ましい)など様々です。
カラーコンタクトを使用して違和感を感じたら使用をすぐに中止し、いつまでも改善しない場合は医師にすぐ相談しましょう。